天然の薬草を煎じた清涼飲料水と、石鹸シャンプー

サイトマップ

天然原料の清涼飲料水と、石鹸シャンプーを是非お試し下さい


当サイトは、情報を安全に提供して頂くために、「高度なセキュリティ」と「信頼性」で定評のあるジオトラストのSSLを利用しております。

合成界面活性剤と石鹸の違い


「合成界面活性剤 」は、石油等から大量に安く作られることの多い洗浄剤です。一般の化粧品にも乳化剤等で使用されています。

「石鹸」は、油脂(植物や動物油)を原料に苛性ソーダ(水酸化Na)や苛性カリ(水酸化K)を入れて作られる天然素材の界面活性剤です。

その他、合成界面活性剤を使用した「複合石鹸」というのもあります。

合成界面活性剤と石鹸の違いを箇条書きにしてみました。

【合成界面活性剤】  洗浄力や脱脂力が高い。
 皮膚刺激が強い⇒お肌にトラブルのある方には不適格。
 皮脂を取り過ぎて肌が乾燥しやすい。
 肌に吸着して肌の水分を外に放出するため(内部乾燥=インナードライ)肌が乾燥しやすい。
 皮膚に残留した合成界面活性剤は、皮膚バリアを壊しながら皮下浸透して、経皮毒の原因となる。
 分解に時間がかかり、自然では分解が出来ないものがあるため、自然環境悪化の原因になる。
【 石 鹸 】
(無添加石鹸)
 製造工程で出来るグリセリン(保湿効果)が含まれている。
 洗浄時には脂肪酸イオンが肌に吸着し保湿力を高めることにより、 肌バリアの保護をする。(カリウム石鹸はさらに保湿力が高い)
 タンパク質変性(細胞破壊)の心配はなく、安全性は高く、肌・髪・頭皮にも良い。
 ほとんど自然分解され、そのサイクルも早いので環境に優しい。
 人にも環境にもやさしい製品である。

お肌にトラブルのある方は、合成界面活性剤の添加された石鹸やシャンプーをご使用になっていなかったか確認してみて下さい。それらのものを、無添加石鹸や無添加シャンプーに変えるだけでも、トラブル改善のきっかけになるかもしれません。



< Prev1234Next >


Copyright(C)2000-2007 ひょうたん水本舗 All rights reserved.|Template by AVANTECH